top of page
  • 執筆者の写真山端 基靖

よくある子育て失敗例


From: 山端基靖

子供の教育方針で夫婦の意見が分かれる。

結果的に、片方が自分の意見を押し切り、もう片方が不満を抱えて辛抱する。

こういうケースは、子供にどんな道を選んであげても、うまくいきません。

うまくいかなかったことがすぐに結果となって出るパターン。

かなり後になって出るパターン。

パターンはいろいろですが、「うまくいかない」という点では同じです。

今日は、うまくいかなかったことがすぐに結果となって出たパターンを。

あるご夫婦の話。

ご主人は、息子に高学歴の道をつけてあげたいと思っていました。

そして、息子を小学~中学にかけて高額な塾に通わせ、その塾がイマイチだと思えば別の塾に通わせる‥‥

という具合でした。

奥さんは、高額な塾に通わせるのは反対でした。

「教材を買って家庭学習すればいい」という考え方です。

でも、意見してもどうせ押し切られるので、不満を抱えながらも黙っていました。

黙ってはいても、塾の支払いをするたび、塾の教材が家に持ち込まれるたび、腹を立てていました。

結果。

息子は入試の年に入り、ラストスパートのタイミングで勉強意欲が減退。

そして、

「あれだけ塾にお金をかけたのにその高校?」

というような高校へ入学。

しかも、入学後1年もしないうちに、

「あの先生が気に入らない」

とかナントカ。

「別の高校に編入したい」

とかナントカ。

親の気持ちも考えず自己主張のかたまりに。

両親の心の通りの子供ですよね。

夫婦が合っていなければ、子供にどんなに手をかけても、早かれ遅かれ悪い結果が待っています。

かりにこの息子さんが高学歴を獲得したとして。

仕事や結婚でつまづきます。

そして、両親を参考にできないので、立ち直るのに苦労します。

立ち直れなくなるかもしれません。

つまり、学歴では補えないような道が待っています。

両親が自分の主張を貫き合って腹の中で腐し合う。

腹の中で腐し合うから、態度にも出る。

そんな中で子供が育つ。

結果として、

「あの先生が気に入らないから編入したい」

という言い分を平気で言うような子供に育つ。

こうなってしまうと、どの道を選んでも、まともにいくわけありませんよね。

学歴の問題ではありません。

子供にまともな道をつけてあげたいなら、何を置いてもまずは夫婦仲です。

なんのための勉強か?

なんのための学歴か?

なんのための教育か?

どの道を選んでも、子供が行き着くところは親の心の通りの場所になります。

ぜひ、心に置いていただければと思います。

ではまた。



山端基靖



※このブログは、家庭力アップメルマガの内容を転載したものです



最新記事

すべて表示

兄弟ゲンカで一線を超えると…

From: 山端基靖 兄弟ゲンカは、どこの家でもよく起こりますよね。 ですが、その家庭によってケンカの質が全然違います。 グーで殴ったり、凶器を使ったり、「死ね!」と言ったり、、、 となると、尋常ではありません。 高校の頃のある日、同級生が、顔をボコボコに腫らしていました。 理由を訊くと、「兄貴にボコボコにされた」とのことでした。 別の日、ある女子高生の顔に殴られたような青アザがありました。 訊く

細かい男の成長記

From: 山端基靖 私は細かい男です。 「細かい男は妻に嫌われるものだ」 というのを結婚前から感覚的に理解していますが、結婚後も細かいです。 仕事部屋の物品は、使いやすさや効率を細かく考えて配置しています。 使った物品は、すぐに元の場所に戻します。 あるはずの物があるはずの場所にないと、イライラします。 洋服も細かく考えて片付けます。 たとえばパンツ。 7枚を日替わりローテーションで履くのですが

子供のこと、たいしたことがないうちに…

From: 山端基靖 以前、当時1歳10ヵ月の次女が、40度近い熱に2日間侵されました。 下痢にもなり、見ていて気の毒でした。 寝付きが悪く、グズりまくり。 寝たと思ったらいきなり嘔吐感をもよおして起き上がり、泣きまくる始末。 臆病な私は、いろいろ不安になって動揺しました。 「変な病気になったのでは?」とドキドキしました。 そして、何もしてあげられない自分の無力さを痛感しつつ、日頃の妻への心づかい

bottom of page