top of page
  • 執筆者の写真山端 基靖

親思いの人の恋愛


FROM:山端基靖

私の妻は、結婚前、お付き合いする前もした後も、よく、自分の父親のことを話してくれました。

結婚してからも、よく話してくれます。

「お父さんはこんな人」

「お父さんは大工仕事が得意」

「お父さんはどこの学校を出て、どこに就職して‥‥」

「子供の頃、よくどこそこに遊びに連れて行ってくれた」

「寮生活だった学生時代、よく差し入れに来てくれた」

「愚痴は言わない人だった」

「お米をこぼした時、一粒残らず拾うように厳しく言われた」

:

:

結婚前、そういう話を聞くたびに、「素晴らしいお父さんだなぁ」と感じました。

同時に、「この素晴らしいお父さんに残念な思いをさせるわけにはいかない」とも思いました。

なので、

〇彼女(のちの妻)を泣かせるようなことはできない

〇彼女には、僕のことよりも親を優先してもらおう

〇結婚前に妊娠するようなことはないようにしよう

〇結婚に本心で賛成してくれているか、ちゃんと見極めよう

〇結婚の形式や時期に関しては、できるだけ彼女の親の思いも反映できるようにしよう

と思えました。

これがもし、妻が父親の素晴らしさを話してくれていなければ、いろいろなことが、もっと別の展開になっていたかもしれません。

私はそもそも、妻に惚れて、あんなところもこんなところも好きで恋愛しました。

ですが、お付き合いするうちに、

「ご両親が素晴らしいから彼女も素晴らしいんだな」

と強く思うようになりました。

彼女の素晴らしさの元がご両親なので、

「妻の1番好きなところは、ご両親が素晴らしいところ」

と、友人に対して答えるほどでした。

余談ですが、、、

妻のご両親に初めてお会いしたのは、結婚のご挨拶で妻の実家に伺った時です。

その際、

「うちの娘のどこが気に入って一緒になろうと思ったの?」

と訊かれました。

最初に頭に浮かんだのが、「ご両親が素晴らしいから」でした。

でも、それを言っても喜んでいただけないと思い、どれを言おうか迷っていると、妻が、

「ま、そのへんは別にいいんじゃない」

と、話を流してしまいました。

私の準備不足といえばそれまでですが、、、

とにかく、それまでお会いしたことのなかったご両親のことを、それほど尊敬するようになっていました。

もし、妻との恋愛中、「お父さんは素晴らしい人」というのが、私の頭になければ、、、

ひょっとしたら、別れていたかもしれません。

結婚前に妊娠していたかもしれません。

少なくとも、彼女のことを軽く扱っていたと思います。

何かにつけて、彼女の思いを汲まず、自分の思いばかりを押し付けていたと思います。

たくさんケンカしていたと思います。

親のことが頭にない男女の恋愛だと、そうなりますよね。

妻の立場で考えると、親を尊敬していたという一点だけで、彼氏に大事にされていたことになります。

親を尊敬していたら、なぜか彼氏が自分を大事にしてくれた、みたいな。

※実際に妻がどう思っていたかは分かりませんが‥‥

以上、親を尊敬するというのは、それほどまでに自分を幸せに導いてくれるんだな、と思った経験談でした。

ちなみに、もし私が、「お父さんの話はもう聞き飽きたよ」とか言う人間であれば、妻は私を選ばなかったと思います。

親を大切にする人にとって、親を軽く扱う人は嫌なものですからね。

そういう人と結婚したら後々苦労する、というのも目に見えていますし‥‥。

今日は、個人的な話に終始してしまい、失礼しました。

明日も、今日と似たようなエピソードになりますが、少し違った視点でお届けしようと思います。

ではまた。

山端基靖

※このブログは、家庭力アップメルマガの内容を転載したものです



最新記事

すべて表示

兄弟ゲンカで一線を超えると…

From: 山端基靖 兄弟ゲンカは、どこの家でもよく起こりますよね。 ですが、その家庭によってケンカの質が全然違います。 グーで殴ったり、凶器を使ったり、「死ね!」と言ったり、、、 となると、尋常ではありません。 高校の頃のある日、同級生が、顔をボコボコに腫らしていました。 理由を訊くと、「兄貴にボコボコにされた」とのことでした。 別の日、ある女子高生の顔に殴られたような青アザがありました。 訊く

細かい男の成長記

From: 山端基靖 私は細かい男です。 「細かい男は妻に嫌われるものだ」 というのを結婚前から感覚的に理解していますが、結婚後も細かいです。 仕事部屋の物品は、使いやすさや効率を細かく考えて配置しています。 使った物品は、すぐに元の場所に戻します。 あるはずの物があるはずの場所にないと、イライラします。 洋服も細かく考えて片付けます。 たとえばパンツ。 7枚を日替わりローテーションで履くのですが

子供のこと、たいしたことがないうちに…

From: 山端基靖 以前、当時1歳10ヵ月の次女が、40度近い熱に2日間侵されました。 下痢にもなり、見ていて気の毒でした。 寝付きが悪く、グズりまくり。 寝たと思ったらいきなり嘔吐感をもよおして起き上がり、泣きまくる始末。 臆病な私は、いろいろ不安になって動揺しました。 「変な病気になったのでは?」とドキドキしました。 そして、何もしてあげられない自分の無力さを痛感しつつ、日頃の妻への心づかい

bottom of page