top of page
  • 執筆者の写真山端 基靖

素晴らしい家柄を作るポイント


FROM:山端基靖

「百年以上続いている会社はどこが違うのか?」

という本の中で、「老舗(しにせ)の共通点」がいくつかあげられています。

共通点のひとつが「陰徳」。

陰徳とは、人に知られない陰の部分で、世のため人のために善い行いをすることをいいます。

これは、長く続く会社の話ですが、長く繁栄する家柄にも同じことがいえます。

「裏表のない人」という表現がありますよね。

これを、

「裏=家庭生活」「表=社会生活」

として考えてみます。

立派な立場だったり職業だったり役職だったりで、周りから尊敬されている。

でも、家では妻を奴隷扱いしたり、子供に怒鳴ってばかりだったり。

そういう人が、人間として立派かというと、そうでもありませんよね。

一面では立派、他面ではお粗末、ということになります。

「裏表のある人」というわけです。

当然、子供に尊敬されないので、家柄としては衰退していきます。

会社では気が利く。かゆい所に手が届く。人当たりも柔らかい。上司にも可愛がられている。

でも、私生活では、親に全然連絡をとらない。実家にも全然帰らない。お墓参りもしない。

そういう人も、立派とはいえませんよね。

この場合も、「裏表のある人」です。

そして、親や先祖を軽く扱う人の家柄が、繁栄することはありません。

素晴らしい家柄の方を見てみると、表でも裏でも立派です。

伴侶に対して、人前では丁寧に扱い、人が見ていない時はもっと丁寧に扱っています。

人前で伴侶を悪く言ったり恥をかかせたり、というのは当然しませんし、裏でも、相手を腐すようなことはしません。

そういう家柄なので、子供も立派に育っています。

本当に素晴らしい方は、表で立派で、裏ではもっと立派です。

社会生活や人間関係をすごく大切にする一方、それ以上に、親や伴侶を大切にしています。

「裏(陰)を大切にする」「陰徳を積み重ねる」というかんじです。

他人の評価の及ばないところで、真心を尽して事にあたるわけですね。

逆に、裏表のある人は、他人の評価をすごく気にしたり、他人の評価がないと頑張れなかったりしますよね。

両者のこの違いは、家族の人生を大きく左右します。

そのようなわけで、陰徳は、家庭円満や子孫繁栄に欠かせません。

ぜひ、心に置いていただければと思います。

ではまた。

追伸

今日は、裏表のある人ない人、という観点で「陰徳」という言葉を使いました。

ですが、この言葉には、もっと広い意味がありますので、その点はご注意いただければと思います。

山端 基靖

※このブログは、家庭力アップメルマガの内容を転載したものです



最新記事

すべて表示

兄弟ゲンカで一線を超えると…

From: 山端基靖 兄弟ゲンカは、どこの家でもよく起こりますよね。 ですが、その家庭によってケンカの質が全然違います。 グーで殴ったり、凶器を使ったり、「死ね!」と言ったり、、、 となると、尋常ではありません。 高校の頃のある日、同級生が、顔をボコボコに腫らしていました。 理由を訊くと、「兄貴にボコボコにされた」とのことでした。 別の日、ある女子高生の顔に殴られたような青アザがありました。 訊く

細かい男の成長記

From: 山端基靖 私は細かい男です。 「細かい男は妻に嫌われるものだ」 というのを結婚前から感覚的に理解していますが、結婚後も細かいです。 仕事部屋の物品は、使いやすさや効率を細かく考えて配置しています。 使った物品は、すぐに元の場所に戻します。 あるはずの物があるはずの場所にないと、イライラします。 洋服も細かく考えて片付けます。 たとえばパンツ。 7枚を日替わりローテーションで履くのですが

子供のこと、たいしたことがないうちに…

From: 山端基靖 以前、当時1歳10ヵ月の次女が、40度近い熱に2日間侵されました。 下痢にもなり、見ていて気の毒でした。 寝付きが悪く、グズりまくり。 寝たと思ったらいきなり嘔吐感をもよおして起き上がり、泣きまくる始末。 臆病な私は、いろいろ不安になって動揺しました。 「変な病気になったのでは?」とドキドキしました。 そして、何もしてあげられない自分の無力さを痛感しつつ、日頃の妻への心づかい

bottom of page