top of page
  • 執筆者の写真山端 基靖

家族自慢する主婦の本音


FROM:山端基靖

「こんないい妻はない」

「こんないい主人はない」

お互いに本心でそう思い合えるご夫婦は幸せですよね。

その中にいる子供も幸せです。

ところが、家族自慢をするわりに家族を大切にしていない方がいます。

結果、幸せとは言いがたい家庭生活を送っています。

ある奥さんの話。

外では、ご主人や子供の自慢ばかり。

子供が優秀な学校に推薦で合格したとか、ご主人はどこそこの会社で管理職をしているとか。

親戚にも近所の人にも初対面の相手にも、必ずといっていいほどそういう話をしていました。

外でやたらと家族の素晴らしさをアピールする奥さん。

そんな素晴らしい家族なら、家でよっぽど丁寧に扱っているのかと思いきや、そうでもありませんでした。

家では家族を腐してばかり。

結果、ご主人は家では無口になり、何かと口実を見つけては、外に出歩いていました。

子供は、高校に入ってから勉強しなくなり、生活もだらしなくなりました。

高校はかろうじて卒業したものの、その後間もなく、親の意見も聞かずに一方的に結婚。

何年も経たないうちに離婚しました。

外でどんなに家族を褒めたところで、家の中で家族を腐していたら、まともな家庭にはなりませんよね。

この奥さんは、外でご主人や子供の立派さをアピールしているように見せかけて、実は違いました。

自分が良く見られたいだけでした。

「私は立派な主人を持っている」

「子供を立派に育てた人間だと思われたい」

という具合です。

つまり、家族を利用して、自分の評価を上げようとしているだけでした。

ここから分かるのは、この奥さんは結局のところ、自分が1番大事なんですね。

自分が1番かわいいんです。

なので家でも、家族のために何かをするというより、自分のために何かをしてもらおうとします。無意識のうちに。

そして、自分が1番なので、家族に対して無条件で何かを奉仕する心がなく、褒めてもらいたがったり、お礼を求めたり。

相手にしてもらったことはすぐ忘れて、自分がしてあげたことはいつまでも覚えていたり。

家族としては、いつもそれをやられるので、そのうち付き合いきれなくなるわけです。

本心で家族を大切に思って、普段から家族に自分の心を奉仕していれば、思わず外で家族を褒めることもあります。

心がいつも家族に向いているので、つい口に出てしまうかんじです。

一方、家族を大切に思っているつもりでも、心がいつも自分に向いているなら、何を言っても、ただの自慢です。

両者とも、口から出る言葉は同じでも、実際の家庭内は真逆になります。

長い目で見たときの夫婦や子供や孫にも、はっきりと差が出ます。

そのようなわけで、、、

「いつも心が家族を向いているか、それとも自分に向いているか」

その点に間違いがないように気をつけながら、本心で家族を褒められるようになりたいですね。

自分で褒めた通りの素晴らしい家庭を築きましょう。

ではまた。

山端基靖

※このブログは、家庭力アップメルマガの内容を転載したものです



#自分が1番の人の家族自慢

最新記事

すべて表示

兄弟ゲンカで一線を超えると…

From: 山端基靖 兄弟ゲンカは、どこの家でもよく起こりますよね。 ですが、その家庭によってケンカの質が全然違います。 グーで殴ったり、凶器を使ったり、「死ね!」と言ったり、、、 となると、尋常ではありません。 高校の頃のある日、同級生が、顔をボコボコに腫らしていました。 理由を訊くと、「兄貴にボコボコにされた」とのことでした。 別の日、ある女子高生の顔に殴られたような青アザがありました。 訊く

細かい男の成長記

From: 山端基靖 私は細かい男です。 「細かい男は妻に嫌われるものだ」 というのを結婚前から感覚的に理解していますが、結婚後も細かいです。 仕事部屋の物品は、使いやすさや効率を細かく考えて配置しています。 使った物品は、すぐに元の場所に戻します。 あるはずの物があるはずの場所にないと、イライラします。 洋服も細かく考えて片付けます。 たとえばパンツ。 7枚を日替わりローテーションで履くのですが

子供のこと、たいしたことがないうちに…

From: 山端基靖 以前、当時1歳10ヵ月の次女が、40度近い熱に2日間侵されました。 下痢にもなり、見ていて気の毒でした。 寝付きが悪く、グズりまくり。 寝たと思ったらいきなり嘔吐感をもよおして起き上がり、泣きまくる始末。 臆病な私は、いろいろ不安になって動揺しました。 「変な病気になったのでは?」とドキドキしました。 そして、何もしてあげられない自分の無力さを痛感しつつ、日頃の妻への心づかい

bottom of page