top of page
  • 執筆者の写真山端 基靖

主婦の値打ち


FROM:山端基靖

今日は、主婦の値打ちの計り方について。

協業家庭(夫が就業して妻が主婦をしている家庭)の場合。

ご主人は、自分の働きの値打ちを、給料などの収入で知ることができます。

収入がすべてではありませんが、目安として知ることができます。

じゃあ奥さんは?

というと、奥さんの働きの値打ちは、ご主人が家に入れてくれるお金に反映されるようです。

20万円稼いで、それをすべて入れてくれるなら、奥さんの値打ちは20万円。

30万円なら30万円。

50万円なら50万円。

そして、100万円稼いでも、家に入れてくれるお金が10万円なら、奥さんの値打ちは10万円。

そんなかんじです。

主婦に限らず、その人の値打ちは、忙しさとは比例しません。

大変さとも比例しません。

長時間労働なのに安月給の人もいれば、短時間労働で高給を得ている人もいます。

大変な労働を強いられて安月給の人もいれば、その逆の人もいます。

この違いは何かというと、お金を支払う側が、どれだけ価値を感じているかです。

たとえば、、、

コンサルティング(経営上のアドバイス)をたった1時間してもらうだけなのに、何十万何百万と支払う人はたくさんいます。

カウンセリングをたった30分してもらうだけなのに、十万円以上支払う人もいます。

支払う側としては、それだけの価値を感じているので、自分から相談に行っているんですね。

サラリーマンでも、会社側がその人に価値を感じれば、給料は上がります。

その人が会社に価値を与えてくれた見返りとして、です。

ご主人が奥さんにひたすら感謝して感謝して、

「もうこのかわいい妻のためならなんでもしてあげたい」

と思うほど感謝すれば、ご主人の収入は上がります。

奥さんに恩を感じて価値を感じて、それに見合うだけのことをしてあげたくなる。

すると不思議と、収入が上がります。

公務員でも、です。

本当です。

ご主人が仕事から帰った後、子供のオモチャがゴチャっと散らかっている。

なにかと言い訳して、食事の用意もできていない。

もしこういう感覚でいるなら、

「このかわいい妻のためなら‥‥」

とは思ってもらえません。

ということは、収入も上がりません。

お金が家に入ってきません。

この話をすると、

「主婦は分が悪い」

「こっちのほうが大変なのに」

という反応をする方もいます。

たしかにそうかもしれませんが、自分の言い分を主張しても堂々巡りです。

他でもない自分の伴侶ですから、毎日毎日、価値を感じてもらってみてはいかがでしょうか?

その分だけ自分の値打ちが上がって、自分に返ってくることうけあいですよ。

ではまた。

追伸(男性の方へ)

今日の話は、奥さんの立場から見てのものです。

奥さんを責めるための口実としては使えません。

そんなことをすると逆効果になりますので‥‥。

山端基靖

※このブログは、家庭力アップメルマガの内容を転載したものです



最新記事

すべて表示

兄弟ゲンカで一線を超えると…

From: 山端基靖 兄弟ゲンカは、どこの家でもよく起こりますよね。 ですが、その家庭によってケンカの質が全然違います。 グーで殴ったり、凶器を使ったり、「死ね!」と言ったり、、、 となると、尋常ではありません。 高校の頃のある日、同級生が、顔をボコボコに腫らしていました。 理由を訊くと、「兄貴にボコボコにされた」とのことでした。 別の日、ある女子高生の顔に殴られたような青アザがありました。 訊く

細かい男の成長記

From: 山端基靖 私は細かい男です。 「細かい男は妻に嫌われるものだ」 というのを結婚前から感覚的に理解していますが、結婚後も細かいです。 仕事部屋の物品は、使いやすさや効率を細かく考えて配置しています。 使った物品は、すぐに元の場所に戻します。 あるはずの物があるはずの場所にないと、イライラします。 洋服も細かく考えて片付けます。 たとえばパンツ。 7枚を日替わりローテーションで履くのですが

子供のこと、たいしたことがないうちに…

From: 山端基靖 以前、当時1歳10ヵ月の次女が、40度近い熱に2日間侵されました。 下痢にもなり、見ていて気の毒でした。 寝付きが悪く、グズりまくり。 寝たと思ったらいきなり嘔吐感をもよおして起き上がり、泣きまくる始末。 臆病な私は、いろいろ不安になって動揺しました。 「変な病気になったのでは?」とドキドキしました。 そして、何もしてあげられない自分の無力さを痛感しつつ、日頃の妻への心づかい

bottom of page