top of page
  • 執筆者の写真山端 基靖

職場で上司に嫌われる人


FROM:山端基靖

「上司が冷たい。無視されることもある。僕だけやたら怒られる」

という方がおられました。

入社した時からそうだったのか尋ねると、そういうわけではなく、いつの間にかそうなっていた、とのことでした。

お話を細かく伺ううちに、上司に嫌われている理由が分かってきました。

何かというと、

「職場の行事に全然参加していない」

という点です。

その方の職場では、年に何度か、休みの日に行事があるとのことでした。

〇ホテルに社員を集めての交流会

〇社員の家族も参加できる運動会

〇社員あげてのスポーツ観戦

〇誰かの講演会

などです。

どれも強制ではなく、「できるだけ参加するように」というスタンスだったそうです。

休日で、しかも給料が出るわけでもないので、会社としては強制できないわけですね。

その方は、強制じゃないのをいいことに、ことごとく参加しなかったそうです。

するとある時、上司にこんなようなことを言われたそうです↓

「お前、毎回毎回行事の参加を断ってるけど、出ないでどうするんだ?

〇〇さんのツテで転職してきて、こっちも先方からお願いされて、それで今ここにいるんだろう。

会社も意味があって行事をやってるんだし、会社に貢献する気持ちでいなきゃダメだろう。

そんな態度じゃ、こっちも面倒みきれないぞ」

その時はカラ返事をして、その後も行事に参加しなかったそうです。

そういう経緯があっての、上司との関係でした。

会社というのは、現状維持の経営をしていると、間違いなく衰退します。

毎日毎日いつも通りの仕事をするだけ、というスタンスでは、そのうち潰れます。

ですから、新しい取り組みに投資したり、社員同士の関係性を深める何かをしたり、地域や社会への貢献活動をしたりするんですね。

先ほど挙げた会社の行事にも、全部意味があります。

そういう行事も含めた、会社経営なんです。

そういう行事をするからこそ、会社は存続でき、社員に給料を支払うことができるわけです。

「そちらの会社に入れてください。でも、生活のために働くだけです」

「給料はできるだけたくさん欲しいです。でも、最低限のことしかしません」

「もっと社員を優遇してほしいです。でも、僕は会社に貢献する気はありません」

「もっと職場環境を良くしてほしいです。でも、そのためにかかる労力や経費には、興味ありません」

これでは、上司に嫌われても仕方ありません。

あなたもそう思いませんか?

会社側の気持ち、上司の気持ちを無視して自分の思いばかり通そうとする。

目上の思いを汲んで相手に喜んでもらおう、という気持ちがない。

そういう方には、共通点があります。

何かというと、家庭でもそんなかんじで育ってきている、という点です。

〇親の思いを汲もうとしないで自己主張

〇親に口ごたえするのが当たり前

〇親の言うことが気に入らなければふてくされる

〇当たり前のように兄弟ゲンカする

そういうことの延長で、社会に出てからも、目上を軽く扱ってしまうんですね。

家庭での在り方が元になっているわけです。

そして結果的に、目上に嫌な思いをさせたことが自分に返ってきて、自分が苦労しなくちゃいけなくなるわけです。

では、その方は、どうやって上司との関係を改善したのか?

まず1つが、上司にこれまでのことをお詫びして、行事に参加するようにしたということ。

もう1つが、親の思いを大切にするようにした、ということです。

親と同居しているわけではありませんが、親に会った時などは、自分の思いを通そうとせず、親の思いを汲んで接するようにしたんですね。

ではなぜ、上司に嫌われているのを改善する上で、親の思いを大切にする必要があったのか?

それは、その部分がそもそもの元だからです。

上司にお詫びして行事に参加するようになれば、それだけで上司との関係は改善していたかもしれません。

ですが、そもそもの性格を変えるのは難しいので、また別の状況になった時、自己主張してしまうんです。

すると上司としては、「アイツは行事には来るようになったけど、自己主張するのは変わってないな」となります。

いつまでたっても上司との信頼関係が築けないわけです。

ところが、そもそもの元、私生活の面から改善できれば、状況は変わってきます。

元が変わるので、すべてが変わってきます。

その方も、親の思いを大切にしているうちは、上司との関係で悩むことはないと思います。

少なくとも、先ほどのようなレベルで上司とこじれることはありません。

以上、社会に出てから起こる困り事も、家庭生活と直結しています。

ぜひ、心に置いていただければと思います。

ではまた。

山端 基靖

※このブログは、家庭力アップメルマガの内容を転載したものです



最新記事

すべて表示

兄弟ゲンカで一線を超えると…

From: 山端基靖 兄弟ゲンカは、どこの家でもよく起こりますよね。 ですが、その家庭によってケンカの質が全然違います。 グーで殴ったり、凶器を使ったり、「死ね!」と言ったり、、、 となると、尋常ではありません。 高校の頃のある日、同級生が、顔をボコボコに腫らしていました。 理由を訊くと、「兄貴にボコボコにされた」とのことでした。 別の日、ある女子高生の顔に殴られたような青アザがありました。 訊く

細かい男の成長記

From: 山端基靖 私は細かい男です。 「細かい男は妻に嫌われるものだ」 というのを結婚前から感覚的に理解していますが、結婚後も細かいです。 仕事部屋の物品は、使いやすさや効率を細かく考えて配置しています。 使った物品は、すぐに元の場所に戻します。 あるはずの物があるはずの場所にないと、イライラします。 洋服も細かく考えて片付けます。 たとえばパンツ。 7枚を日替わりローテーションで履くのですが

子供のこと、たいしたことがないうちに…

From: 山端基靖 以前、当時1歳10ヵ月の次女が、40度近い熱に2日間侵されました。 下痢にもなり、見ていて気の毒でした。 寝付きが悪く、グズりまくり。 寝たと思ったらいきなり嘔吐感をもよおして起き上がり、泣きまくる始末。 臆病な私は、いろいろ不安になって動揺しました。 「変な病気になったのでは?」とドキドキしました。 そして、何もしてあげられない自分の無力さを痛感しつつ、日頃の妻への心づかい

bottom of page