top of page
  • 執筆者の写真山端 基靖

家庭のあり方、白黒はっきりさせる前に‥‥


FROM:山端基靖

昨日まで、

〇自分がどんな発言をしても大丈夫な場

〇周りがどんな発言をしても大丈夫な場

〇お互いを尊重しつつ自分を出せる環境

〇思いやりを与え合い感じ合える環境

そういう心理的安全性が確保された環境があれば、やり方や形態や規則にこだわらなくても、いいチームができる。

という内容でした。

それを家庭に置き換えた話にも触れていただきました。

今日も、それに関連する話を。

心理的安全性の話からも分かる通り、家庭のあり方について、

「どういう形態であるべき」

という見方にかたよるのは、間違いのようです。

たとえば、、、

〇亭主関白がいいとか悪いとか

〇夫も家事育児を手伝うべきか

〇夫は週末は家族サービスするべきか

〇夫婦のどちらがお金を管理するべきか

〇何にお金をかけて、何を節約するべきか

〇子供の教育方針をどうするべきか

〇子供の進路はどうあるべきか

などについて、白黒はっきりさせることにこだわっても、家族のためになりません。

これらについていくら一生懸命議論しても、心理的安全性が無視されていると、白黒ついたところで、うまくいく家庭にはなりません。

どんなに夫のあり方を議論しても、家庭で心理的安全性が保たれていなければ、、、

夫は家庭内ストレスを理由に、

・アルコール依存

・キャバクラなどへの依存

・浮気

・妻への所得隠し

・妻に内緒で借金

・妻に内緒で高額な買い物

・趣味への逃避

などに走るかもしれません。

やっていること自体は最低のことかもしれませんが、そもそもの元は家庭にあります。

問答無用で週末の家族サービスを押し付けられたりお小遣いを抑えられたり、、、

そういうことの反動ですね。

実際、こういう「形態縛りの反動トラブル」が起こるご家庭は多いです。

こういうケースで、アルコールやキャバクラ依存の改善、浮気の是非、所得の管理法などを最優先で議論するのは、ズレています。

そもそもの『元』にアプローチしていないからです。

子育ても同じで、子供の教育方針にどんなにこだわっても、家庭内で心理的安全性が保たれていなければ、子供は、

・陰で悪いことをしたり

・ゲームや恋愛に過度にはまったり

・肝心なことを隠したり

・親を尊敬できなかったり

・先々で何かしらのトラブルを起こしたり

となりやすくなります。

そうなってしまっては、「形態」どうこうの騒ぎではなくなってしまいます。

子供の教育方針でモメる夫婦は多いですが、どんなに子供のことを思っていても、その件で夫婦がモメていたら、本末転倒です。

夫婦がモメているその中に置かれている子供は、親を尊敬しません。

親を尊敬しない子供が、まともに成長することはありません。

こんなご家庭がありました。

そのご家庭では、旦那さんが週末、家族サービスをすることになっていました。

家族みんなで出かけたり、子供を連れて出かけたり、家族に料理を振るまったり。

ですがある週末、旦那さんは、仕事の関係で家族サービスできませんでした。

すると奥さんが言いました。

「今度の週末は〇〇に行くって約束だったでしょ。週末は家族サービスするって決まってるのに!」

子供を味方につけて、みんなで旦那さんを悪者扱い。

問答無用の形態縛り。心理的安全性なし。

これは、「奥さんが厳しい」とか「旦那が悪い」とかいう話ではなく、形態にとらわれているのが問題です。

形態が1番で、それを守れないのは悪。異論の余地なし。みたいな。

そもそも、なんのための家族サービスかといえば、家族の幸せのためです。

夫婦仲を深めたり、子供が健全に成長するためにやっていることです。

それなのに、形態が最優先で、それが叶わなければ大切な家族を悪者扱い。

本末転倒です。

形態に縛られているせいで、夫婦仲がこじれる。

子供は子供で、お父さんの日ごろの苦労や恩に感謝するのも忘れて、お父さんを批判する。

誰にとっても幸せじゃありませんよね。

そのようなわけで、、、

形態に縛られると、本来の目的を見失って、大切な家族を傷つけかねません。

まずは、

〇自分がどんな発言をしても大丈夫な場

〇周りがどんな発言をしても大丈夫な場

〇お互いを尊重しつつ自分を出せる環境

そういう場を作るのが最優先です。

そうすることで、その家庭が幸せになるための、その家庭に相応しい形態が出来上がってきます。

ぜひ、心に置いていただければと思います。

ではまた。

山端 基靖

※このブログは、家庭力アップメルマガの内容を転載したものです



最新記事

すべて表示

兄弟ゲンカで一線を超えると…

From: 山端基靖 兄弟ゲンカは、どこの家でもよく起こりますよね。 ですが、その家庭によってケンカの質が全然違います。 グーで殴ったり、凶器を使ったり、「死ね!」と言ったり、、、 となると、尋常ではありません。 高校の頃のある日、同級生が、顔をボコボコに腫らしていました。 理由を訊くと、「兄貴にボコボコにされた」とのことでした。 別の日、ある女子高生の顔に殴られたような青アザがありました。 訊く

細かい男の成長記

From: 山端基靖 私は細かい男です。 「細かい男は妻に嫌われるものだ」 というのを結婚前から感覚的に理解していますが、結婚後も細かいです。 仕事部屋の物品は、使いやすさや効率を細かく考えて配置しています。 使った物品は、すぐに元の場所に戻します。 あるはずの物があるはずの場所にないと、イライラします。 洋服も細かく考えて片付けます。 たとえばパンツ。 7枚を日替わりローテーションで履くのですが

子供のこと、たいしたことがないうちに…

From: 山端基靖 以前、当時1歳10ヵ月の次女が、40度近い熱に2日間侵されました。 下痢にもなり、見ていて気の毒でした。 寝付きが悪く、グズりまくり。 寝たと思ったらいきなり嘔吐感をもよおして起き上がり、泣きまくる始末。 臆病な私は、いろいろ不安になって動揺しました。 「変な病気になったのでは?」とドキドキしました。 そして、何もしてあげられない自分の無力さを痛感しつつ、日頃の妻への心づかい

bottom of page