top of page
  • 執筆者の写真山端 基靖

親の悪口を言う子と向き合うヒント


FROM:山端基靖

こんにちは(^^)

我が家ではこれまで、何人かの里子(さとご)をお預かりしてきました。

今も、数人の里子をお預かりしています。

※里子‥‥よその家庭で養育してもらう子供のこと。

里子の実家の家庭環境はいろいろですが、我が家でお預かりした子のほとんどは、母子家庭でした。

母親が、なんらかの事情で養育できなかったり、子供と一緒に暮らしたいけど児童相談所の判断で里親に預けたり、というかんじです。

どんな事情であれ、他人の家で生活しなくちゃいけないのは、子供にとってストレスになります。

なので、中には、ストレスの延長で親の悪口を言う子もいます。

または、親と携帯でやりとりする中で、親に直接不満をぶつける子もいます。

子供からすると、「親なんだから他人任せにしてないでちゃんと面倒みてよ!」という気持ちなのかもしれません。

無理もないですよね。

ですが、そういう主張をしている彼らと関わるうえで、絶対にしてはいけないことがあります。

それが、「親の悪口に対する同調」です。

私は、親の悪口を言う子がいても、絶対に同調しません。

同情はしますが、「ひどいお母さんだね」などと親を悪く言ったり子供を被害者のように扱ったり、そういうのはしません。どんな親であっても。

「君の親のことを悪く言う人と付き合っちゃいけないよ」とも伝えます。

なぜなら、そのほうが子供の幸せのためになるからです。

母親は、お腹に赤ちゃんがいる段階から、子育ての苦労をします。

ものすごく大変な思いをして、妊娠期間を過ごします。

そして、産むのも命がけです。

産まれたら産まれたで、朝から夜中まで一日中、あれこれお世話をします。

「こんなに大変なのか!」というくらいお世話をします。

母親というのは、世界一大変な仕事です。

そういう親の苦労があって、自分がいます。

それを、自分の色メガネを通して、親の気に入らない部分だけを切り取って突っつくのは間違いです。

もちろん、世の中には、子供を虐待する親もいます。

ですが、そういう親でさえ、子供を心底憎んでいるわけではありません。

何をしても泣きやまない…忙しいときに足止めをくらう…クタクタに疲れている…子供がうるさいと不機嫌になるご主人に気をつかう‥‥‥

そういうことの延長で、手をあげたりしています。

そして後々、かわいい我が子に手をあげてしまった自分を責めたりします。

中には、子供に手をあげずにはいられない自分を抑えられず、どうにもできなくて苦しい思いをしている方もいます。

子供がかわいいのに、自分では現状をどうにもできないわけです。

里子の親も、苦労して子育てしてきています。当然、我が子を思う親心もあります。

ですから、親の悪口に同調しないわけです。「親のことを悪く言う人と付き合っちゃいけない」とも伝えるわけです。

ちなみに、「親の批判をしていたら我が子にも同じことをされた」というのはよくあるオチです。

たとえば、

「うちの母親は親父に苦労させられて、そのせいで早死にしたんだ!うちの母親はかわいそうだった」

こう主張していた方が、大学生の息子に同じようなことを言われていました。

息子を私立の高校・大学に通わせて、共働きで必死にお金のやり繰りをして、息子に心をかけて‥‥

それなのに息子は、父親の恩ではなく嫌な面ばかり見て、父親を悪者扱いしていたわけです。

親は親なりに、子供のために苦労してくれています。

どんな親であれ、親は親です。

そして、親の批判をしていて幸せになれる人はいません。

「親の悪口に同調しない」

人と関わるうえで、ぜひ心に置いていただければと思います。

ではまた。

山端 基靖

※このブログは、家庭力アップメルマガの内容を転載したものです



最新記事

すべて表示

兄弟ゲンカで一線を超えると…

From: 山端基靖 兄弟ゲンカは、どこの家でもよく起こりますよね。 ですが、その家庭によってケンカの質が全然違います。 グーで殴ったり、凶器を使ったり、「死ね!」と言ったり、、、 となると、尋常ではありません。 高校の頃のある日、同級生が、顔をボコボコに腫らしていました。 理由を訊くと、「兄貴にボコボコにされた」とのことでした。 別の日、ある女子高生の顔に殴られたような青アザがありました。 訊く

細かい男の成長記

From: 山端基靖 私は細かい男です。 「細かい男は妻に嫌われるものだ」 というのを結婚前から感覚的に理解していますが、結婚後も細かいです。 仕事部屋の物品は、使いやすさや効率を細かく考えて配置しています。 使った物品は、すぐに元の場所に戻します。 あるはずの物があるはずの場所にないと、イライラします。 洋服も細かく考えて片付けます。 たとえばパンツ。 7枚を日替わりローテーションで履くのですが

子供のこと、たいしたことがないうちに…

From: 山端基靖 以前、当時1歳10ヵ月の次女が、40度近い熱に2日間侵されました。 下痢にもなり、見ていて気の毒でした。 寝付きが悪く、グズりまくり。 寝たと思ったらいきなり嘔吐感をもよおして起き上がり、泣きまくる始末。 臆病な私は、いろいろ不安になって動揺しました。 「変な病気になったのでは?」とドキドキしました。 そして、何もしてあげられない自分の無力さを痛感しつつ、日頃の妻への心づかい

bottom of page