top of page
  • 執筆者の写真山端 基靖

相手の思いを汲んだつもりが‥‥


FROM:山端基靖

こんにちは(^^)

「相手の思いを大切にする」

というのは、家庭円満に欠かせません。

とはいえ、大切にするも何も、そもそも相手の思いを知ること自体、簡単ではありません。

他人の思いは目に見えないですからね。

しかも、

○言っていることと本心とが別

○態度と本心とが別

というのは、よくあります。

相手が口数の少ない人だったり、よく喋るけど本音が掴みづらい人だったりなど、そういうパターンもあります。

親であれ兄弟であれ伴侶であれ我が子であれ、相手の思いを知るのは、簡単ではありません。

以前、ある方がこんなお話を聞かせてくださいました。

その方は、貧しい家庭で育ちました。

両親共働きで、兄も父親の仕事を手伝っていました。

小学生のある日、母親が、夕食の献立を何にするか悩んでいたそうです。

家が貧しいことも母親が忙しいことも、幼心に分かってたので、親の思いを汲んで、こう言ったそうです。

「お母さん、夕ご飯は漬け物とご飯だけあればそれで十分だよ」

すると母親が言いました。

「そんな薄情なこと言っちゃいけないよ。

あなたはそれでいいかもしれないけど、お父さんとお兄ちゃんは外で働いてクタクタになって帰ってくる。

そうして一生懸命働いてくれている人に対して、漬け物だけというわけにはいかないんだよ」

そう言われて思ったそうです。

「私は私なりに親の思いを汲んで言ったつもりだったけど、親の思いってもっともっと深かったんだなぁ」

僕にも、妻の思いを汲み違えて失敗した経験があります。(いまだによく汲み違えていますが‥‥)

我が家は、両親、私たち夫婦&子供3人、里子(さとご)3人の、計10人家族です。

※里子‥‥家庭の事情などで、よそに預けて育ててもらう子のこと。

そんな中、妻は、食事の支度や食料の買い物をすべてやってくれています。

毎日10人分の食事を作ったり、それだけの食料を買いに行ったり‥‥かなり大変だと思います。

子供が授乳中でも、休まずやってくれていました。

食事を作るだけならまだしも、里子の中には弁当を持たせる子もおり、長女も弁当を持たせて幼稚園に預けています。

妻は朝4時起きです。

そんな妻を気の毒に思い、ある時、こう伝えました。

「たまには夕食作るのをやめて、カップラーメンを配布してもいいんじゃない?カップ麺って、たまに食べるとおいしいし」

私なりに、妻を思って言ったことです。

妻は「ありがとう」とは言ってくれましたが、カップ麺が食卓に上がることはありませんでした。

今になって思えば、僕の気のつかい方は大間違いでした。

妻の苦労している部分だけを見て、そこだけ切り取って、かたよった同情をしていただけでした。

妻のことを思いやっている気になっていただけで、実際は、相手の思いをちっとも分かっていませんでした。

外見だけを見て、自分の色メガネを通して勝手に判断しているだけでした。

というのも、家族の中には、好き嫌いのある人や食べ盛りの人がいます。

母からの「毎食野菜サラダを付けて」という要望もあります。

そういうものも踏まえつつ、その日その日、家族の身体のことを考え、好物のことも考えて、妻は料理しています。

そうして家族のことを考えながら料理している人にとって、

「たまにはカップ麺でいいか」

とはならないんですね。

大変さよりも、家族への思いのほうが勝っているわけです。

思えば、妻は、嫁いできてから何度も、

「食事つくるの好きなんです」

と言ってくれていました。

「みんなに食べてもらうのが楽しみなんです」

とも言ってくれていました。

本音なのか気をつかわせないようにしているのか分かりませんが、今でも言ってくれます。

であれば、私が妻の思いを大切にするためにすることは、妻の家族への思いを理解しながら、妻に対してもっと感謝を伝えることかもしれません。

「漠然と苦労しているわけじゃなく、楽しみがあるから苦労できるんだな。

外見だけ見てウカツに同情してたら、かえって相手に嫌な思いをさせることになる」

妻の頑張りを通して、そう気づかされました。

苦労してる、怒ってる、泣いてる‥‥そういう外見だけに気をとられちゃいけないですね。

外見の裏にある愛情や善意を汲み取りつつ、

「どういう思いで苦労してくれているのか?」

「どういう思いで怒っているのか?」

「どういう思いで泣いているのか?」

と考えると、相手の思いに近づけるように思います。

そして、相手の思いはどこにあるのか、その答えの種は、相手が普段さり気なく蒔いてくれているかもしれません。

私の妻が時々、

「食事つくるの好きなんです」

「みんなに食べてもらうのが楽しみなんです」

と言ってくれているように。

今日の話が、あなたにとって、「相手の思いを大切にする」ためのヒントになれば幸いです。

ではまた。

山端 基靖

※このブログは、家庭力アップメルマガの内容を転載したものです

最新記事

すべて表示

兄弟ゲンカで一線を超えると…

From: 山端基靖 兄弟ゲンカは、どこの家でもよく起こりますよね。 ですが、その家庭によってケンカの質が全然違います。 グーで殴ったり、凶器を使ったり、「死ね!」と言ったり、、、 となると、尋常ではありません。 高校の頃のある日、同級生が、顔をボコボコに腫らしていました。 理由を訊くと、「兄貴にボコボコにされた」とのことでした。 別の日、ある女子高生の顔に殴られたような青アザがありました。 訊く

細かい男の成長記

From: 山端基靖 私は細かい男です。 「細かい男は妻に嫌われるものだ」 というのを結婚前から感覚的に理解していますが、結婚後も細かいです。 仕事部屋の物品は、使いやすさや効率を細かく考えて配置しています。 使った物品は、すぐに元の場所に戻します。 あるはずの物があるはずの場所にないと、イライラします。 洋服も細かく考えて片付けます。 たとえばパンツ。 7枚を日替わりローテーションで履くのですが

子供のこと、たいしたことがないうちに…

From: 山端基靖 以前、当時1歳10ヵ月の次女が、40度近い熱に2日間侵されました。 下痢にもなり、見ていて気の毒でした。 寝付きが悪く、グズりまくり。 寝たと思ったらいきなり嘔吐感をもよおして起き上がり、泣きまくる始末。 臆病な私は、いろいろ不安になって動揺しました。 「変な病気になったのでは?」とドキドキしました。 そして、何もしてあげられない自分の無力さを痛感しつつ、日頃の妻への心づかい

bottom of page